fbpx


滋賀で注文住宅を建てる【盛匠】の工法を簡単にご紹介~守山市・草津市・湖南市など滋賀県エリアの家づくりはお任せ~

滋賀で注文住宅を建てる【盛匠】の工法を簡単にご紹介~守山市・草津市・湖南市など滋賀県エリアの家づくりはお任せ~

守山市・草津市・湖南市など滋賀県エリアの家づくりは
【盛匠】にお任せ

守山市・草津市・湖南市など滋賀県エリアの家づくりは【盛匠】にお任せ

滋賀県エリアの家づくりを手がける【盛匠】では、お客様との一期一会を大切にし、最初から最後までじっくりお客様と対話をしながら家づくりを行います。

守山市草津市湖南市など、滋賀(県)で注文住宅を検討している方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

滋賀で注文住宅を建てる【盛匠】の「ツーバイフォー工法」

滋賀で注文住宅を建てる【盛匠】では、「在来工法」と「ツーバイフォー工法」の両方に対応しています。「ツーバイフォー工法」は正式には「枠組壁工法」といい、フレーム状に組んだ木材で丈夫なパネルにし、それを壁や床として家を造る工法です。柱の役目を壁のパネルが担い、梁の役目を床パネルが果たすことから、非常に耐震性に優れているのが特徴です。

名前の由来は基本材の大きさ(2×4インチのものが多かった)にあります。今でこそ一般的な工法として用いられている工法ですが、もともと在来工法が主流だった日本にツーバイフォー工法が採用されるようになったのは、昭和40年代に入ってからです。

今では、アメリカやカナダの戸建住宅はほとんどがツーバイフォー工法で建てられており、オーストラリアやニュージーランド、イギリス、日本や韓国、中国など、世界各国で採用されている工法となっています。

滋賀で注文住宅を建てる【盛匠】の「在来工法」

滋賀で注文住宅を建てる【盛匠】の「在来工法」

滋賀で注文住宅を建てる【盛匠】の「在来工法」は、昔から存在する建築方法を指します。高温多湿の日本では、窓や部屋同士の仕切りを大きく開け放す必要がありました。

この条件をクリアする工法として編み出されたのが、建物を柱と梁で支え、壁は土を練って塗り固めるという軸組み工法です。

柱と梁を組んで骨組みを造る「在来工法」は、在来軸組工法または木造軸組工法とも呼ばれています。この方法なら貴重な木の使用量を節約でき、自由に柱の位置や長さを設計することができます。また間取りの自由度が高く、大きめのドアや窓が造れるというメリットもあります。

和風の建物にはもちろん、洋風の外観の建物にも幅広くマッチする工法として現在でも重宝されているのです。

お役立ちコラム

滋賀で注文住宅を建てるなら【盛匠】

会社名 株式会社 盛匠
所在地 〒520-3031 滋賀県栗東市綣5丁目4番21号 パームコート102
電話番号 077-535-0306
URL https://seisyo-co.com